ホーム

キトウシこどもの森 キトキト


キトウシ森林公園の豊かな自然の中で「森のようちえん」の考え方を軸とした
野外活動中心の活動を行っています。


ビジョン


            キトキトは「日々のくらし」を大切にしています―


あそぶ

 年齢の違う子どもたちが兄弟のように過ごしています。キトウシ森林公園の豊かな自然の中で「森のようちえん」の考え方を軸とした野外中心の活動を行っています。

 自然の中で子どもも大人も育ちあうこと。自然の営みに合わせ、自然の中でいっぱい遊ぶこと。自然の中でたくさんの不思議と出会い、感じること。子どもの力を信じ、子ども自身で考え行動できる場であること。大人が決めた保育内容ではなく、その瞬間に「やってみたい」という一人ひとりの気持ちを大切にしています。

 おはようの会は、今日のみんなの「気持ち」を聞くところから始まります。どんな1日が始まるのでしょう。それは毎日のお楽しみ★


たべる

 東川のきれいな水から育った、無農薬・有機のエネルギーのある地元野菜を中心に、バランスを考えたメニューづくりをしています。「春・夏・秋・冬の旬の食材に感謝して、食べる喜びを感じながら毎日おいしく食べてほしい!」そんな気持ちをこめて、丁寧に調理しています。

 お米・卵は地元の生産者さんのもの、また夏には子ども達とキトキトの畑で種から育てた野菜を収穫していただきます。「おなかすいた!」と思ったときがごはんどき。出来たての暖かいご飯を味わいます。


くらす

 暮らすには、ひとりひとりが自分の身の回りのことができることも大切なこと。生活習慣をしっかり身につけていきましょう!

 また、園と家庭での生活リズムを整えることが、遊びこめる力、生きる力につながります。



 園のなりたち

・2016年に有志のお母さんたちが自主保育で「キトウシ森のようちえん」をスタート。
・「自然の中で子育てしたい」「子ども時代を自然の中で過ごしのびのび育ってほしい」というお母さんのおもいに共感する親子が少しずつ増える。(サポート:Npo法人大雪山自然学校)
・2018年3月、園舎を新設。「キトウシこどもの森(キトキト)」に名称変更し、企業主導型保育事業で運営を開始。
・2020年度からは定員12名に。4年目を迎え今日に至る。

 

1日の流れ

※準備中

 

スタッフ紹介

※準備中

 

企業主導型保育園とは


  • 企業が主体となって運営する保育園です。
  • 自社従業員をメインに連携企業の従業員の利用、地域の方(保育認定が必要)も利用できます。
  • 認可保育園と同様に国から助成金を受けて運営しています。


 園児募集―2022年度

  • 2021年11月上旬頃に、来年度入園児の募集開始を予定しています。
  • 第3回森のようちえん体験会のお知らせ【2021年9月8日(水)開催予定】




園名: キトウシこどもの森 (キトキト)

住所:〒071-1404 北海道上川郡東川町西4号北46番地 NPO法人大雪山自然学校(キトウシ森林公園内)

電話番号:0166-82-6500(大雪山自然学校)

Eメール: kitokito@daisetsu.or.jp